ニュース
» 2015年07月31日 13時00分 UPDATE

3Dプリンタニュース:3Dプリンタ「ダヴィンチ」シリーズの専用ソフトが大幅アップデート、Windows 10対応も

XYZプリンティングジャパンは、パーソナル3Dプリンタ「ダヴィンチ」および「ダヴィンチ Jr.」シリーズ向け専用ソフトウェア「XYZware」「XYZscan」(Windows版)の最新バージョンの提供開始と、両3Dプリンタ製品シリーズの「Windows 10」対応を発表した。

[八木沢篤,MONOist]

 台湾New Kinpo Group傘下のXYZprintingの日本法人であるXYZプリンティングジャパンは2015年7月30日、パーソナル3Dプリンタ「ダヴィンチ」および「ダヴィンチ Jr.」シリーズ向け専用ソフトウェア「XYZware」「XYZscan」(Windows版)の最新バージョンの提供開始と、両3Dプリンタ製品シリーズの「Windows 10」対応を発表した。

専用ソフトが大幅アップデート

 XYZwareの最新バージョン「2.1.1.2」では、ユーザーインタフェースを一新し、操作性を向上させた。また、使用メモリ量を低減し、3Dデータのロードやスライス処理の負荷を軽減。同時に、スライス処理にかかる時間の短縮(最大80%)や印刷品質の向上なども図られている。他にも、自動的に追加されるサポート材のしきい値を変更し、立ち上がり角度が45度を下回る箇所のみになった。

サポート材追加のしきい値変更(45度) サポート材追加のしきい値を変更(45度)

 一方、XYZscanの最新バージョン「1.4.11」では、マルチスキャン機能が追加された。最初にスキャンした状態とは異なる角度で対象物を再スキャンし、2つのスキャン結果を統合できるようになった。これによりスキャンデータの品質が向上するという。ちなみに、XYZscanも将来のバージョン(2.0予定)でユーザーインタフェースの改善が予定されている。

マルチスキャン機能の追加 マルチスキャン機能の追加

Windows 10対応、直接出力も可能に

 また、ダヴィンチおよびダヴィンチ Jr.シリーズが、Windows 10に対応。Windows 10のコントロールパネル内の「デバイスとプリンター」画面に、両シリーズが表示され、管理できるようになった。最新の3Dプリンタドライバは、Windows Updateにより自動的にインストールされるため、新しい3Dプリンタの機能を快適に利用できるようになるという。さらに、マイクロソフト製3Dモデリングソフトウェア「3D Builder」からの直接出力にも対応した。

3D Builder マイクロソフト製3Dモデリングソフトウェア「3D Builder」からの直接出力に対応

つながる、広がる、モノづくり――。「3Dモデラボ」

3Dモデラボ
3Dモデルデータ投稿・共有サービス「3Dモデラボ」。3Dモデルデータを共有し、

モノづくりの楽しさをシェアしよう!!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.