連載
» 2015年08月03日 10時00分 UPDATE

Kinectで3Dスキャンして3Dプリントを楽しもう(2):「Kinect Fusion」による3Dスキャンを徹底解説 (1/6)

モーションコントローラーデバイス「Kinect for Windows」で対象物を3Dスキャンして、3Dプリントするまでの手順を詳しく解説する連載。第2回は、Kinect for Windowsを使った3Dスキャンの詳しい手順について紹介する。

[中村薫,MONOist]

 前回は、3Dデータが3Dプリントされるまでの流れの確認と、マイクロソフトのモーションセンサーデバイス「Kinect for Windows」を用いた3Dスキャンの方法、スキャンデータの修正、3Dプリント出力の大まかな手順を紹介しました。

 第2回では、Kinect for Windowsを使った3Dスキャンの詳細について解説します()。


注:本連載は、個人でモノづくりを楽しむための解説記事となります。対象物を3Dスキャン&3Dプリントされる際は、全てにおいて自己責任で行ってください。万が一問題が発生した場合、筆者および当社は一切責任を持ちませんのでご注意ください。



 使用する機材は、Kinect for Windowsと「Windows 8.1」搭載PCです。なお、Kinect for Windowsには「v1」と「v2」と呼ばれる2種類のバージョンがあります。本連載では、どちらのバージョンのKinectを用いても読み進めることができますので、ご安心ください(ただし、違うスキャン方式を採用しているため、スキャンデータの仕上がり具合は異なります)。


v1v2 図1 「Kinect for Windows v1」(左)と「Kinect for Windows v2」(右) ※画像クリックで拡大表示

 「Kinect for Windows v1」は、据え置き型ゲーム機「Xbox 360」のモーションコントローラー「Kinect」のWindows PC版としてリリースされた製品です。

Kinect for Windows v1 図2 「Kinect for Windows v1

 「Kinect for Windows v2」は、Xbox 360の後継機「Xbox One」のモーションコントローラーとしてリリースされたKinectのWindows PC版です。当初は、Kinect for Windows v2としてセンサー本体とWindows PC接続用のアダプターのセットで販売されていましたが、現在は「Xbox One Kinect センサー」と「Xbox One Kinect センサー用 Windows PC アダプター」の2つに分けて提供されています。提供方法の変更はありましたが、利用できる機能や利用条件は同じです。ちなみに、原稿執筆時点(2015年7月15日)では、Xbox One Kinect センサー用 Windows PC アダプターの「在庫切れ」が発生しており、入手が困難な状態になっています。

Kinect for Windows v2 図3 「Kinect for Windows v2」(Xbox One Kinect センサー
Kinect for Windows v2 図4 「Kinect for Windows v2」(Xbox One Kinect センサー用 Windows PC アダプター

 それでは、Kinect for Windowsを使った3Dスキャンの手順を見ていきましょう。大まかな手順は以下の通りとなります。

  • 事前準備
    1. Kinect for Windows SDK」のインストール
  • 3Dスキャン
    1. スキャン対象を配置する
    2. Kinect Fusion」を起動する
    3. スキャンを行う
    4. 3Dモデルを出力する
    5. モデルデータの穴埋めを行う(3D Builderを使用)
    6. 3Dプリントする

「Kinect for Windows」を用いた3Dスキャンの流れ 図5 「Kinect for Windows」を用いた3Dスキャンの流れ
       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.