ニュース
» 2015年08月03日 09時00分 UPDATE

製造ITニュース:マルチデバイスに対応した、組み立て製造業向け生産管理ERP

富士通は、組み立て製造業向けに、生産管理ERP「FUJITSU Enterprise Application GLOVIA G2」の新バージョン「GLOVIA G2 V3」を発売した。PCに加え、タブレット/スマートフォンなどのモバイルデバイスにも対応している。

[MONOist]

 富士通は2015年7月16日、組み立て製造業向けに、生産管理ERP「FUJITSU Enterprise Application GLOVIA G2(フジツウ エンタープライズ アプリケーション グロービア ジーツー)」(以下、GLOVIA G2)の新バージョン「GLOVIA G2 V3」を発売した。

 GLOVIA G2 V3は、Windows OSやAndroidなどに対応し、PCに加え、タブレット/スマートフォンなどのモバイルデバイスで動作する。マウス操作/タッチスクリーン操作のいずれかで利用できる。また、HTML5に完全準拠したことで、Internet ExplorerやChromeなど、業界標準のWebブラウザで動作できる。

 画面にはフラットデザインを採用し、視認性を改善した。全ての明細画面を表形式のようなグリッド構造で表示でき、ソート/カラム表示順変更、検索データのグループ化、高度な抽出フィルタリングも可能にした。

 ユーザーエクスペリエンスも強化し、カレンダー形式での入力やツリー形式表示などが可能。これにより、生産計画や部品表メンテナンス、部材などの所要量計算結果の表示画面の操作性が向上した。さらに、httpsやAESなどの最新インターネットセキュリティ規格を採用し、全てのデータ通信を暗号化するため、安全な通信環境でモバイルデバイスなどを活用できる。

 価格(税込)は、生産管理ERPが10ユーザー250万円で、基本システムは1サーバ250万円となる。

関連キーワード

GLOVIA | ERP | 生産管理 | 富士通 | 製造ITニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.