ニュース
» 2015年08月04日 11時00分 UPDATE

組み込み開発ニュース:日本ナショナルインスツルメンツ、開発速度アップの「LabVIEW 2015」

日本ナショナルインスツルメンツがシステム開発ソフトウェア「LabVIEW」の最新バージョン「LabVIEW 2015」を発表した。

[渡邊宏,MONOist]

 日本ナショナルインスツルメンツは2015年8月4日、システム開発ソフトウェア「LabVIEW」の最新バージョン「LabVIEW 2015」を発表した。

 LabVIEW 2015では、前バージョンと比較して最大8倍速のコード読み込み高速化、7つのプラグイン追加などによるコード作成時間短縮、プローブ監視ウィンドウ改良などによるコードデバッグ作業の効率化などによって作業高速化を図っている他、「標準サポート・保守プログラム」に含まれる「LabVIEW FPGAコンパイルクラウドサービス」を利用することで、FPGAコンパイルの負担を軽減することも可能だ。

 スイート製品としては、製造生産アプリケーション構築に適した「LabVIEW Automated Test Suite」、組み込み設計や工業用制御アプリケーション構築に適した「LabVIEW Embedded Control and Monitoring Suite」、HILシミュレーションやリアルタイムテストアプリケーションに最適なツールが含まれている「LabVIEW HIL and Real-Time Test Suite」の3つが用意され、購入者には1年間、無償でトレーニングと認定試験を受けることができる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.