ニュース
» 2015年08月06日 14時00分 UPDATE

電気自動車:セブン&アイがEV用充電器を国内最大規模で導入、45店舗に3380台

NECとセブン&アイ・ホールディングスは、「イトーヨーカドー」「Ario」など全国45店舗のスーパーマーケットや百貨店に総計3380台の電気自動車(EV)/プラグインハイブリッド車(PHEV)用充電器を設置する。国内最大規模の導入事例となる。

[與座ひかる,MONOist]

 NECとセブン&アイ・ホールディングスは2015年8月6日、NECが開発した電気自動車(EV)/プラグインハイブリッド車(PHEV)用普通充電器を、全国45店舗の百貨店やスーパーマーケットに合計3380台設置すると発表した。NECによると「国内最大規模の導入事例になる」という。2015年11月より、充電器の設置が完了した店舗から順次、EV/PHEV向けの充電サービス提供を開始する。

 充電器が設置されるのは総合スーパーマーケット「イトーヨーカドー」、ショッピングセンター「Ario」、百貨店「そごう」「西武」各店舗の駐車場。EV/PHEV用普通充電器と合わせて、利用認証や課金管理などを行う壁掛け型充電コントローラ(NEC製)も設置される。

NECのEV/PHEV用普通充電器 NECのEV/PHEV用普通充電器

 加えてNECは、セブン&アイ・ホールディングスからこれらの充電インフラを借用する形で有料の充電サービスも提供する。この充電サービスは、国内自動車メーカー4社が設立した日本充電サービスの充電カードや、セブン&アイ・ホールディングスの電子マネー「nanaco(ナナコ)」を用いた決済に対応する予定だ。充電インフラの導入には、政府が提供する「次世代自動車充電インフラ整備促進事業」の補助制度を活用しているという。

 NECは2015年7月に、ホームセンターの「ジョイフル本田」5店舗に計100台、三菱地所の10施設に計437台のEV用普通充電器を設置するなど、EV/PHEV用充電器の設置と充電サービス提供に関わる事業を急拡大している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.