ニュース
» 2015年08月09日 07時00分 UPDATE

FAニュース:一般制御と安全制御を統合した、国際安全規格対応のシーケンサを発売

三菱電機は、汎用シーケンサ「MELSEC iQ-R」シリーズの新製品として、「安全CPU」4機種と「安全機能付I/Oユニット」2機種を発売した。国際安全規格のISO13849-1 PLe/IEC61508 SIL3の認証を取得している。

[MONOist]

 三菱電機は2015年7月31日、汎用シーケンサ「MELSEC iQ-R」シリーズの新製品として、「安全CPU」4機種と「安全機能付I/Oユニット」2機種を発売した。一般制御と安全制御の統合により、TCO(Total Cost of Ownership)削減に貢献するという。

 今回発売された安全シーケンサは、第三者認証機関であるTUV Rheinland(テュフ ラインランド)から、国際安全規格であるISO13849-1 PLe/IEC61508 SIL3の認証を取得している。

 また、従来は別々だった一般制御プログラムと安全制御プログラムが1つのCPUユニットで実行できる。エンジニアリングソフトウェア「GX Works3」を使用すれば、一般制御・安全制御・各種設定操作の一元的なプログラミングも可能だ。

 一般制御通信と安全制御通信は、CC-Link IEフィールドネットワーク上で混在させて使用できるため、自由度の高いネットワーク設計が可能。さらに、CC-Link IEフィールドネットワーク1本で、一般制御通信用ネットワークと安全制御通信用ネットワークを敷設でき、配線スペースの縮小やケーブル敷設の手間を軽減できる。

 価格(税別)は、安全CPUが52万円から、安全機能付I/Oユニットが6万5000円からとなる。

photo MELSEC iQ-Rシリーズ
photo 安全シーケンサ

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.