ニュース
» 2015年08月11日 11時00分 UPDATE

Windows 10 IoT Core:「Windows 10 IoT Core」正式版リリース

米MicrosoftがIoTデバイス向けのWindows 10である「Windows 10 IoT Core」の正式版をリリースした。Wi-FiやBluetoothのサポートが追加された他、各種バグフィックスが行われている。

[渡邊宏,MONOist]

 米Microsoftは8月10日(現地時間)、IoTデバイス向けのWindows 10である「Windows 10 IoT Core」の正式版をリリースした。正式版ではWi-FiやBluetoothのサポートが追加された他、各種バグフィックスが行われている。

 TechnicalPreview版と同じくRaspberry Pi 2やMinnowBoard MAXがターゲットデバイスとされており、Windows Dev Centerからは既にISOイメージがダウンロード可能となっている。

photo Windows Dev CenterからISOイメージがダウンロードできる

 なお、Windows 10 IoT Coreむけのアプリケーション開発には、Windows 10の正式版(Build 10240)とVisual Studio 2015(VS 2015)が必要でVS 2015については無料にて利用できる「Visual Studio Community」も提供されている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.