ニュース
» 2015年08月14日 07時00分 UPDATE

FAニュース:位置決め整定時間が従来比約40%短縮したロボットドライバを発表

ヤマハ発動機は、ロボットドライバの新製品として、位置決め整定時間を短縮した「RDV-X」「RDV-P」を発表した。応答周波数は従来機種の約2倍に向上し、単軸ロボットの位置決め整定時間を約40%短縮した。

[MONOist]

 ヤマハ発動機は2015年7月27日、ロボットドライバの新製品として、位置決め整定時間を短縮した「RDV-X」「RDV-P」を発表した。同社のサーボモータ単軸ロボット「FLIP-X」シリーズとリニアモータ単軸ロボット「PHASER」シリーズに対応している。

 RDV-X/RDV-Pは、従来のロボットドライバ「RDX」「RDP」の後継機種で、モータの回転量をデジタルパルスで入力制御する、パルス列入力方式を採用している。応答周波数は従来機種の約2倍に向上し、単軸ロボットの位置決め整定時間を約40%短縮した。

 ドライバ本体は、従来機種に比べて横幅を最大38%削減。また、放熱効率の改善により、複数のドライバをすき間なく設置できるため、制御盤内の設置幅を約45%削減できる。

 さらに、従来機種と同様のパラメータ設定と同ピッチの取り付け穴により、ソフト面・ハード面とも容易に置き換えができる。

 価格は7万5000円(税別)からで、発売は2015年9月の予定。

photo ロボットドライバ「RDV-X」「RDV-P」

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.