ニュース
» 2015年08月17日 09時00分 UPDATE

キャリアニュース:ビジネスパーソンの睡眠時間、5〜6時間が63%

キャリア情報サイト「瓦版」を運営する全研本社は、ビジネスパーソンの「睡眠時間」について調査。63%の平均睡眠時間が5〜6時間になっていることが分かった。

[MONOist]

 キャリア情報サイト「瓦版」を運営する全研本社は2015年7月13日、ビジネスパーソンの「睡眠時間」について調査した結果を発表した。回答を寄せたビジネスパーソンの大半は、平均睡眠時間が5〜6時間となっているようだ。

 同調査の対象者は、瓦版ユーザー405人。平均睡眠時間を尋ねた設問で、最も多かったのは「6時間くらい」(32%)。それに「5時間ぐらい」(31%)が続いた。

 両者を合わせると5〜6時間が63%を占めていることになる。一般的に健康的な睡眠時間は6時間以上8時間未満とされており、若干少なめの睡眠時間になっているようだ。

photo

 調査を実施した瓦版は、睡眠時間が少なめになっている要因として、仕事を自宅に持ち帰って残業する“風呂敷残業”が多くなっているのではないかと推測。その仮説を確かめるために家で仕事をしているかと質問したところ、「している」(21%)が「していない」(62%)を大きく下回る結果になった。

photo

 この結果を受けて瓦版では、「単純に家でなく、会社でたっぷり残業している可能性も透けてみえます。あるいは、単に帰宅後、仕事以外のことに時間を使い過ぎて睡眠時間を消耗しているのかもしれません」と分析している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.