ニュース
» 2015年08月17日 08時00分 UPDATE

医療機器ニュース:より簡便かつ安全な経皮内視鏡的胃ろう造設術のための処置具を発売

オリンパスは、より簡便かつ安全に「Introducer変法」を行える、経皮内視鏡的胃ろう造設術の処置具「イディアルシースPEGキット」を国内で発売した。新開発の胃壁固定具と「一期的ダイレータ」を採用している。

[MONOist]

 オリンパスは2015年7月30日、より簡便かつ安全に「Introducer変法」を行える、経皮内視鏡的胃ろう造設術の処置具「イディアルシースPEGキット」を国内で発売した。ボタン、オブチュレータ、栄養用接続チューブ、減圧用接続チューブ、胃壁固定具、22G穿刺針/J型カニューラ、ダイレータ胴体部、シース、リリースロッド、体表固定具の10点がセットになっている。

 経皮内視鏡的胃ろう造設術(PEG:percutaneous endoscopic gastrostomy)は、内視鏡で胃内を確認しながら体外と胃をつなぐ小さな穴(胃ろう)をつくり、その穴にカテーテルを入れる手技のこと。口から食事を取れない患者の胃に栄養を送るために行われている。PEGの手法の1つであるIntroducer変法は、内視鏡の挿入が1度で済むため、患者の苦痛軽減が期待できるという。

 今回発売されたイディアルシースPEGキットは、胃ろうを作る際に必要な新開発の器具を2種類採用し、Introducer変法をより簡便に行えるようにした。新開発の胃壁固定具は、1本で2発の穿刺と糸かけが可能で、より簡便に結紮(けっさつ)ができる。また、カテーテル挿入のため、腹壁に開けた穴を拡張する際に必要な器具「一期的ダイレータ」も新たに開発。挿入ルートの確保とダイレータの役割を1本で果たすだけでなく、シースの留置まで一貫して行える。両器具により、Introducer変法の手技時間を短縮できるという。

 さらに、体外と胃をつなぐトンネル状の空間を確保する管状の器具「シース」を使用してカテーテルを挿入することで、気腹や胃の裂傷などのリスクを軽減した。シースのふたは、胃内空気の抜けを予防するなど、手技の安全性向上も図れるという。

 同社では、同キットを用いることで手技時間を短縮し、患者の苦痛と医師のストレス軽減につながるとしている。

photo Introducer変法の手技イメージ
photo 「イディアルシースPEGキット」(左から、シースおよびボタン、一期的ダイレータ、胃壁固定具)
photo 穿刺の様子と結紮したところ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.