ニュース
» 2015年08月18日 11時00分 UPDATE

電気自動車:「三井のリパーク」がEV用充電器を200台導入

NECと三井不動産リアルティは、時間貸駐車場「三井のリパーク」に計200台の電気自動車(EV)/プラグインハイブリッド車(PHEV)用充電器を設置すると発表した。

[與座ひかる,MONOist]

 NECと三井不動産リアルティは2015年8月17日、電気自動車(EV)/プラグインハイブリッド車(PHEV)用普通充電器を、時間貸駐車場「三井のリパーク」を中心に合計約200台設置すると発表した。無人の時間貸駐車場1カ所につき最大20台の充電器を設置する予定で、「このような大規模設置は駐車場業界では初」とNECは説明する。導入は2015年9月から同年末にかけて行われる予定だ。

 三井不動産リアルティは、全国の「三井のリパーク」駐車場において17万台を超える運営管理実績を持っており、駐車場運営・管理を通じて快適で安全なまちづくりに寄与すべく、今回NECと共同で導入に至った。EV/PHEV用普通充電器と合わせて、利用認証や課金管理などを行う壁掛け型充電コントローラー(NEC製)も設置されるという。また、導入に当たっては政府による「次世代自動車充電インフラ整備促進事業」の補助制度を活用している。

hyoza_150817nec01.jpghyoza_150817nec02.jpg NECのEV/PHEV用普通充電器(左)とコントローラー(右) 出典:NEC

 NECは2015年に入り、三菱地所の10施設に計437台、セブン&アイ・ホールディングス系列の百貨店やスーパーマーケットに計3380台のEV用普通充電器を設置するなど、EV/PHEV用充電器の設置と充電サービス提供に関わる事業を急拡大している。

最初にサービス開始を予定している「三井のリパーク」の南八幡5丁目第3駐車場(千葉県市川市) 最初にサービス開始を予定している「三井のリパーク」の南八幡5丁目第3駐車場(千葉県市川市)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.