ニュース
» 2015年08月18日 14時00分 UPDATE

エコカー技術:新型「シエンタ」が発売1カ月間で約4万9000台を受注、月間目標の7倍

トヨタ自動車は、2015年7月9日に発売した新型「シエンタ」が、発売後1カ月間で約4万9000台を受注したと発表した。月間販売目標台数である7000台の約7倍となる。

[朴尚洙,MONOist]

 トヨタ自動車は2015年8月18日、同年7月9日に発売した新型「シエンタ」が、発売後1カ月間で約4万9000台を受注したと発表した。月間販売目標台数である7000台の約7倍となる。

 新型シエンタは、排気量1.5l(リットル)のガソリンエンジンモデルと、排気量1.5lとガソリンエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドモデルをラインアップしている。約4万9000台の受注台数のうち、ガソリンエンジンモデルが2万4500台、ハイブリッドモデルが2万4500台と半々に分かれた。

新型「シエンタ」の外観 新型「シエンタ」の外観。ボディカラーはイメージカラーの「エアーイエロー」(クリックで拡大) 出典:トヨタ自動車

 同社は顧客からの好評な点として、「“Active & Fun”で機能的な内外装デザイン」「コンパクトなボディながら、低床フラットフロアによる高効率パッケージ」「ハイブリッドモデルで27.2km/l、ガソリンエンジンモデル(2WD)で20.6km/lという良好な燃費」「運転支援システム『Toyota Safety Sense C』による安全性能」などを挙げている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.