ニュース
» 2015年08月19日 07時00分 UPDATE

FAニュース:パルス幅100ピコ秒で出力できる、超短パルスLDドライバを発表

トリマティスは、島津製作所の外部共振器型短パルス半導体レーザー「BEAM IMPACT」用の超短パルスLDドライバを発表した。LD直接駆動方式を採用し、パルス幅100ピコ秒で出力できる。

[MONOist]

 トリマティスは2015年7月23日、島津製作所の外部共振器型短パルス半導体レーザー「BEAM IMPACT」用の超短パルスLDドライバを発表した。

 今回発表された「BEAM IMPACT用 超短パルスLDドライバ」は、島津製作所製LDのBEAM IMPACTに対応するドライバボードとなる。

 LD直接駆動方式を採用し、パルス幅100ピコ秒で出力できる。半値全幅(FWHM)は90ピコ秒で、ピーク電流は最大1.2A、繰返し周波数は1MHz。また、直接駆動のため周辺機器が不要で、高変換効率ながら、小型・低コストのピコ秒レーザ光源を可能にした。

 主な用途は、ファイバーレーザー用シード光源、分析/計測機器、波長変換、基準光源などとなる。

photo

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

FAニュース | 半導体 | 周波数


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.