ニュース
» 2015年08月20日 12時00分 UPDATE

製造マネジメントニュース:“幻滅期”に入った民生3Dプリンタ、IoTや自動運転は“過度の期待”がピークへ

米国の調査会社Gartnerは、「新興技術におけるハイプサイクル2015年版」を発表した。調査結果によると民生用3Dプリンタは「幻滅期」となっている他、IoTや自動運転、音声翻訳技術などが「過度の期待のピーク期」となっていることを明らかにした。

[三島一孝,MONOist]

 米国の調査会社Gartner(以下、ガートナー)は2015年8月18日(現地時間)、「新興技術におけるハイプサイクル2015年版」を発表した。

 ガートナーのハイプサイクルは2000を超えるテクノロジーを119の分野にグループ化し、その成熟度、企業にもたらすメリット、今後の方向性に関する分析情報を図で表したもの。先進的な技術が「大きな期待」「幻滅」「最終的な安定普及」といった共通のパターンで定着することから、それぞれの技術がこのハイプサイクルのどこに位置するのかを示した調査資料だ。1995年からグローバル版を展開している。

photo ガートナーのハイプサイクルの見方 出典:ガートナージャパン

 今回の「新興技術におけるハイプサイクル2015年版」で、動きのあった技術の1つとして「自動運転技術(Autonomous Vehicles)」がある。前回の調査では、期待値が高まっている状態だったが、今回は「過度の期待のピーク」に達した。大きな注目を浴びている状況だが、今後「幻滅期」に入り、多くの問題点を指摘されることが予想されている。

photo 新興技術におけるハイプサイクル2015年版(クリックで拡大)※出典:ガートナー

 同様にIoT(Internet of Things、モノのインターネット)についても「過度の期待のピーク期」となっている。今後、幻滅状態を抜け5〜10年で「生産性の安定期」へと向かうと予測されている。

 また、「民生用3Dプリント技術(Consumer 3D Printing)」については「過度の期待のピーク期」から「幻滅期」に移ろうとしているところだとされている。既に3Dプリンタで一般利用者が使う際の問題点などが指摘され始めており、これらをクリアできるかどうかが今後の定着につながると見込まれる。一方で「企業向け3Dプリント技術(Enterprise 3D Printing)」については、「幻滅期」を抜け、「啓蒙期」に入っている。既に従来の試作用途から直接生産など、さまざまな利用方法が定着しつつあり、2〜5年後には「生産性の安定期」に入るものとみられている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.