ニュース
» 2015年08月21日 07時00分 UPDATE

工場ニュース:天津工場にロボット自動化システムを導入、システムソリューションを強化

DMG森精機は、中国の天津工場に横形マシニングセンタ「NHC 6300」のロボット自動化システムを導入した。24時間稼働や省人化が可能で、生産性の向上を通じて高い収益性と投資効果が見込めるという。

[MONOist]

 DMG森精機は2015年8月4日、中国の天津工場に横形マシニングセンタ「NHC 6300」のロボット自動化システムを導入したと発表した。

 中国では近年、人件費・物流費高騰のため、生産性が高く、投資価値のある製品が求められている。そのため同社では、機械単体だけでなく、生産性を高める自動化システムと機械を提案するシステムソリューションに取り組んでいる。

 今回同社では、中国市場でのシステムソリューションを強化するため、新たにNHC 6300のロボット自動化システムを天津工場に導入。同システムは24時間稼働や省人化が可能で、生産性の向上を通じて高い収益性と投資効果が見込めるという。

 また、天津工場では、自動化による自社の生産効率向上と同時に、生産に使用されている設備機の一例として、NHC 6300のロボット自動化システムの他に、「NHX 10000」のLPP(リニアパレットプール)システム、大型5軸加工機「DMC 340 U」のパレットチェンジャ仕様も公開している。

 今後同社では、ユーザーの加工ワークに適したシステムと、導入後の効果やアフターサービスまでを含めたトータルソリューションを提案していくとしている。

photo NHC 6300

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.