ニュース
» 2015年08月21日 09時00分 UPDATE

医療機器ニュース:宇宙飛行士と高齢者に最適な「ハイブリッドトレーニング」、パナソニックが商品化 (2/2)

[與座ひかる,MONOist]
前のページへ 1|2       

売上目標は「2015年度で10億円」

 パナソニックはハイブリッドトレーニング技術を商品化するため、合計300人のシニアモニター調査を行いながら「ボディモーションセンサー」「電極ユニット」「サポーター」を新規開発した。特に、歩行動作を判定するボディモーションセンサーについては、左右1つずつ装着したジャイロセンサーだけで歩行動作を判定できる技術開発に成功したという。

約300人を対象に調査を行い、15回の試作を経て生まれた3つの技術 約300人を対象に調査を行い、15回の試作を経て生まれた3つの技術(クリックで拡大) 出典:パナソニック
ひざトレーナーのセンサー ひざトレーナーのセンサー

 実際にひざトレーナーを用いて60〜70歳代の高齢者を対象に行った実験では、週3回×12週間の使用でひざ周りの伸ばす力/曲げる力が約37〜40%上昇したという結果が得られた。「既に6000台の受注を見込んでいる」と話すパナソニック アプライアンス社 ビューティ・リビング事業部 課長の川治久邦氏が語る売上目標は「2015年度で10億円」だ。

パナソニック アプライアンス社 ビューティ・リビング事業部 課長の川治久邦氏 パナソニック アプライアンス社 ビューティ・リビング事業部 課長の川治久邦氏

 ひざトレーナーの販売は、研修を経てパナソニックから認定を取得したパナソニックショップを中心に行われる。「既に認定を取得した店舗は4800店舗ある」と川治氏はひざトレーナーの広がりを説明した。

前のページへ 1|2       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.