ニュース
» 2015年08月21日 06時00分 UPDATE

自動運転技術:ディープラーニングするステレオカメラ、ソニーCMOSセンサー×Tegra K1で実現

ZMPは、ADAS(先進運転支援システム)や自動運転技術の開発向けに、ディープラーニングによって車両や歩行者などの認識を行うソフトウェアを組み込んだステレオビジョンシステムを発売する。

[朴尚洙,MONOist]

 ZMPは2015年8月20日、ADAS(先進運転支援システム)や自動運転技術の開発向けに、ディープラーニングによって車両や歩行者などの認識を行うソフトウェアを組み込んだステレオビジョンシステムの販売を開始すると発表した。

 同システムは、ソニーの高感度CMOSセンサーを用いたステレオカメラ「ZMP RoboVision2」と、NVIDIAのプロセッサ「Tegra K1」を搭載したコントローラボックスから構成されており、ディープラーニングによって先行車両や歩行者、白線、信号といった対象物の認識を行う。対象物の認識だけでなくトラッキングも行い、位置情報などをCANインタフェースから出力することもできる。このため、実車走行時のセンサーシステムとして利用しやすくなっているという。

「ZMP RoboVision2」(左)とディープラーニングによる歩行者認識の例(右) 「ZMP RoboVision2」(左)とディープラーニングによる歩行者認識の例(右)(クリックで拡大) 出典:ZMP

 価格は、ZMP RoboVision2、コントローラボックス、ディープラーニングを用いた画像認識ソフトウェアを含めて200万円の予定(税別)。2015年10月末から出荷を始める計画だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.