ニュース
» 2015年08月23日 07時00分 UPDATE

FAニュース:高機能ファームウェアを内蔵したクラウド対応のリモートI/Oユニット

コンテックは、制御スクリプトの記憶・実行が可能な高機能ファームウェアを内蔵した、クラウド対応のリモートI/Oユニット「CONPROSYS」M2Mコントローラー4種を発表した。

[MONOist]

 コンテックは2015年8月6日、制御スクリプトの記憶・実行が可能な高機能ファームウェアを内蔵した、クラウド対応のリモートI/Oユニット「CONPROSYS(コンプロシス)」M2Mコントローラー4種を発表した。第1弾として、コンパクト一体型マルチI/O「CPS-MC341-ADSC1-111」を発売し、9月以降にその他3種を順次販売開始する。

 CONPROSYS M2Mコントローラーは、さまざまな通信機能をファームウェアに内蔵したIoTデバイスとなる。監視したい装置を接続し、データ収集用のCONPROSYSクラウドサーバとインターネット接続するとデータ送信が開始され、装置の状態の遠隔監視がすぐに開始できる。

 また、Modbus/TCPスレーブ応答機能を内蔵したことで、Modbus/TCPをサポートしたPLC(Programmable Logic Controller)などのコントローラーからアクセスが可能。OPC-DA 2.0/3.0に対応したWindows用OPCサーバソフトウェアを無料で提供するため、OPC対応のSCADA(Supervisory Control And Data Acquisition)とのデータ通信もできる。

 さらに、入力データの演算・条件分岐・信号出力制御などのスクリプトを記憶・実行するセルフスクリプティング機能を内蔵。スクリプトは、フローチャートを書くイメージで作成できるという。

 ラインアップは、デジタル信号・アナログ信号・シリアル通信に対応したマルチI/Oモデルの「CPS-MC341-ADSC1-111」「CPS-MC341-ADSC2-111」と、デジタル信号の入出力専用モデルの「CPS-MC341-DS1-111」、アナログ信号の入出力専用モデル「CPS-MC341-A1-111」の4種。価格は3万9000円(税別)からとなっている。

photo M2Mコントローラー「CPS-MC341-ADSC1-111」

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.