ニュース
» 2015年08月26日 07時00分 UPDATE

FAニュース:1つのモーターで2次元の搬送が可能な電動アクチュエータを発売

CKDは、高さ3mまでの立体的な搬送が可能な電動アクチュエータ「電動シャトルムーバー ESMシリーズ」を発売した。自動車部品や小型電子部品の製造において、空間の効率的な利用が可能になる。

[MONOist]

 CKDは2015年8月5日、高さ3mまでの立体的な搬送が可能な電動アクチュエータ「電動シャトルムーバー ESMシリーズ」を発売した。自動車部品や小型電子部品の製造において、空間の効率的な利用が可能になるという。

 ESMシリーズは、1つのモーターで2次元の搬送ができる電動アクチュエータとなる。単体の電動アクチュエータでは対応できなかった、最長20mまでのロングストローク高速搬送を可能にした。

 複数の場所で停止できる多点位置決めや、ソフトスタート/ソフトストップが自由自在にできる他、使い慣れたサーボモーターを取り付けることもできる。

 最大可搬質量は4kg、直線部の最高速度は2000mm/sで、繰返し停止精度は±0.5mm。価格は69万7460円〜324万520円(税別)となる。

photo
photo 使用のイメージ

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.