ニュース
» 2015年08月30日 07時00分 UPDATE

FAニュース:薄型の産業用コンピュータを発売、奥行きを従来比約6割薄型化

デジタルは、過酷な環境の製造現場向けに、高機能で薄型の産業用コンピュータ「PS5000」シリーズを発売した。従来製品に比べ、奥行きを約6割削減している。

[MONOist]

 デジタルは2015年8月19日、過酷な環境の製造現場向けに、高機能で薄型の産業用コンピュータ「PS5000」シリーズを発売した。ラインアップは、19型ワイドの「PS-5811W」と15型ワイドの「PS-5711W」の2種となる。

 PS5000シリーズは、薄さにこだわった設計により、従来製品に比べて奥行きを約6割(PS-5811W)削減。これにより、大きくなりがちな高機能装置の操作盤を薄くできる。また、マルチタッチディスプレイを搭載したことで、タブレットやスマートフォンのような直感的な操作を可能にした。

 CPUには、Core i3-4010U(1.70GHz)を採用し、従来機種に比べて約170%パフォーマンスが向上している。各メーカーの制御機器との接続に向け、豊富なドライバーを提供。装置に組み込まれている制御機器用ドライバーを開発することなく、プログラムレスで通信・制御できる。

 さらに、産業用途に特化したタブレット/スマートフォン向け遠隔監視アプリケーション「Pro-face Remote HMI」も提供している。同アプリケーションを使用すれば、装置の出荷前確認や導入時の立ち上げ、メンテナンス時の装置のデバッグなどをタブレット/スマートフォンで実行できる。

 価格(税別)は、PS-5811Wが65万1100円から、PS-5711Wが47万9200円から。欧州、北米、アジア各地域の安全規格も取得している。

photo

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.