ニュース
» 2015年09月01日 07時00分 UPDATE

FAニュース:成形工程を全電動化した、超小物製品用射出成形機を発売

ソディックは、「V-LINE 直圧全電動 超小物製品用 射出成形機」の「mm03」を2015年9月1日に発売する。可塑化工程と射出工程を分業化できる独自のV-LINE 射出可塑化機構を搭載し、安定した計量・射出を可能にした。

[MONOist]

 ソディックは2015年8月19日、「V-LINE 直圧全電動 超小物製品用 射出成形機」の「mm03(Mini/Micro Mold 03)」を同年9月1日に発売すると発表した。主に、機械要素・機構・外内装などのメカニカル小物部品成形市場に向ける。

 mm03は、汎用性のあるギアやワッシャなどの機械要素部品・機構部品、外内装部品などのさらに広い分野・範囲の超小物部品成形が可能な射出成形機となる。可塑化工程と射出工程を分業化できる独自のV-LINE 射出可塑化機構を搭載し、安定した計量・射出を可能にした。

 また、正確で再現性の高い成形ができる直圧型締機構を採用。型開閉装置は、軌道再現性の高いLMガイドとセンター駆動により、固定プラテン/可動プラテンの高い平行精度と、可動プラテンの高い真直移動精度を備えた。逆止を除いた成形工程は、従来の電動ハイブリッド式から全電動化。複数の機体間の機差が小さくなるため、機体間の互換性が高まり、生産計画の自由度が向上するという。

 さらに、型締部に新開発のパラレルリンク機構を採用したことで、短時間での型締・圧抜き工程が可能。タイバーレスのため、金型周りの作業性が向上し、段取り時間も短縮できる。

 プラテン寸法はW275×L250mm、最大射出速度は秒速240mm、最大射出圧力は180MPa。同社横型10t機に比べて約17%省スペース化し、設備台数の増設も容易だという。価格は930万円(税別)で、射出成形機の国内生産拠点である加賀事業所で生産し、年間60台の生産を目指すとしている。

photo mm03 外観

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

射出成形機 | FAニュース | 工場 | 金型


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.