連載
» 2015年09月04日 08時00分 UPDATE

いまさら聞けないNDAの結び方(2):NDAを結ぶ前に「特許出願」を行うべき3つの理由 (1/4)

オープンイノベーションやコラボレーションなどが広がる中、中小製造業でも必要になる機会が多いNDAについて解説する本連載。今回はNDAを活用して秘密情報を開示する前にまず特許出願が必要だという点について解説したいと思います。

[柳下彰彦,MONOist]

本連載の登場人物

えどけん

江戸 健太郎(えど けんたろう)

大江戸モーター 代表取締役社長。小さいけれど技術力に優れたモーター企業の創業者。通称、えどけん。


やおもて

矢面 辰夫(やおもて たつお)

業界最大手の自動車メーカーであるCFGモーターズの新規事業開発部門に所属。やり手。


*編集部注:本記事はフィクションです。実在の人物団体などとは一切関係ありません。


前回までのあらすじ

 さて、秘密保持契約(NDA)の前に「特許出願」を済まさなければならない理由について解説する本連載ですが、まず前回の内容をおさらいしておきましょう。

 第1回の「オープンイノベーションとはいうけれど、大手と組んで秘密は守れる?」では、従業員15人の中小製造業「大江戸モーター」が大手自動車メーカーである「CFGモーターズ」から協業を持ちかけられるという設定を置き、大江戸モーターの社長である江戸健太郎氏(江戸氏)が「最初の打ち合わせまでに確認しておくべきこと」について解説しました。

あらすじ概略

電気自動車向けのモーターの小型化に成功した大江戸モーターは、展示会を通じて大手CFGモーターズ「CFGモーターズ」から協業について打診を受けた。その際、モーターの小型化技術(情報A)を紹介してほしいという依頼を受け、同社担当者である矢面氏との第1回打ち合わせを設定した。矢面氏からは「初回の話し合いの前にNDAを結びたい」と江戸氏宛に契約書が送付されてきた。しかし、江戸氏にとっては内容を読んでも「何が問題なのか」「何に気を付けるべきなのか」全く分からなかった。江戸氏はただただ「???」と混乱していた……。


NDAを結ぶ前に考えるポイント

 NDAを結ぶ前にまず社内で検討・確認しておくべき項目として、次の2点を説明しました。

  1. 打ち合わせで開示する情報の特定
  2. 開示する情報について特許出願が済んでいるか否かの確認

 この2つのうち、開示する情報については、江戸氏は

えどけん

わが社にとってはチャンスだ。第1回目の打ち合わせで開発した小型化技術(情報A)についても、一部を開示しよう。


 と、決断しましたね。そのため、重要になってくるのが2の特許出願ということになります。そして、以下の3つの点が、特許出願が必要な理由だと紹介しました。

  1. 先方から開示される情報とのコンタミネーション(情報汚染)を起こさないようにして情報Aが自社の技術情報であることを明確にするため
  2. 情報Aに関するアイデアを盗まれるという無用の紛争を回避するため
  3. 先方が自分たちと組まなければ、求める技術が実現できないという状況を作り出すため

 ここまでが前回のおさらいとなります。今回は、この3つの理由について詳しく説明していきます。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

MONOist×JOBS

【年収1000万以上】人気求人ランキング

半導体開発<自動車用半導体パワーデバイス>

機構設計<新蓄電デバイスモジュール>

機械設計(変圧器)

燃料電池自動車(FCEV、FCV)開発戦略マネージャー

システムエンジニア/TPM<VED>