ニュース
» 2015年09月06日 07時00分 UPDATE

FAニュース:フルSiC搭載の入出力電圧電流正弦波マトリクスコンバータを開発

安川電機は、フルSiCパワー半導体モジュールを搭載した、次世代マトリクスコンバータを開発した。従来は不可能だった出力電圧を正弦波とすることで、入出力電圧電流正弦波ドライブを可能にした。

[MONOist]

 安川電機は2015年8月26日、フルSiCパワー半導体モジュールを搭載した、次世代マトリクスコンバータを開発したと発表した。同社従来製品の「U1000」よりも、高効率な入出力電圧電流正弦波ドライブになるという。

 マトリクスコンバータとは、三相の交流電源から、9個の双方向スイッチを格子状(マトリクス)に接続し、任意の電圧・周波数を直接作り出す電力変換装置となる。同社では、2005年に初めて製品化し、2014年からその後継となるU1000を提供してきた。今回、このマトリクスコンバータ技術を応用し、入力電圧に加え、従来は不可能だった出力電圧も正弦波とすることで、入出力電圧電流正弦波ドライブを可能にした。

 新開発のマトリクスコンバータは、入力電流・出力電圧のひずみを5%以下に抑え、入出力波形のひずみを低減。最大変換効率も98%以上と高効率化した。

 同社では今後、2年以内の製品化を目指すとしている。

photo 入出力電圧電流正弦波マトリクスコンバータの回路図,c 
mn_fanews_15082701b.jpg

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.