ニュース
» 2015年09月07日 12時00分 UPDATE

FAニュース:配電盤の設計を容易にする“無償電気CAD”を提供開始、産業機器向けに提案

アールエスコンポーネンツは、無料で使える電気制御設計CAD「DesignSpark Electrical」の提供を開始する。

[三島一孝,MONOist]

 電子・電気部品、産業用部品の通信販売を行うアールエスコンポーネンツは、無料で使える電気制御設計CAD「DesignSpark Electrical」の提供を開始する。

 電気制御盤の設計作業は、現在でも手書きや2次元CADなどの利用が数多く残る領域であり、標準化によるシステム化や効率化が進んでいない領域だ。しかし、現場作業員の高齢化や熟練者の減少などにより、現場作業の効率化を行う必要が出てきた。さらに設計および配線作業内容のトレーサビリティなどが求められるようになり、専用の電気制御設計CADへのニーズが高まってきている。

 しかし、この流れから、大規模な案件を扱う大企業では専用ツールの導入が加速しているが、中堅・中小規模クラスの企業にとってこれらの専用ツールの導入は、コスト面などから負担が大きなものとなっており、導入が進まないという背景があった。

“専用ツールを導入したくてもできなかった層”への電気CAD

 アールエスコンポーネンツが投入する「DesignSpark Electrical」は、これらの「専用ツールを導入したくてもできなかった」というユーザー層に対して訴求する無料の電気制御設計CADである。オムロンをはじめとする国内外主要メーカーの25万点以上の電気・制御部品のCAD ライブラリを標準搭載しており、それらを組み合わせることで、電気回路・配線・制御盤レイアウトを設計することができる。

photo DesignSpark Electricalの画面イメージ(クリックで拡大)出典:アールエスコンポーネンツ

 その際、回路図/配線図/レイアウト図/部品表で部品番号が連動しているため、修正が頻発するプロジェクトでも部品番号の一貫性を保つことができる。また、手間取る部品の見積もりや手配も、ツール上の「Quote(見積もり)」機能でアールエスコンポーネンツのサイトに連動させられるという。

photo 回路図/配線図/レイアウト図/部品表で部品番号を連動させられる(クリックで拡大)出典:アールエスコンポーネンツ

 同社のプロダクトマーケティング部APAC半導体カテゴリーマーケティングマネージャーの宮原裕人氏は「この領域はまだまだデジタル化が進んでいない領域だが、いきなり高額な専用ツールへの投資を行うには躊躇(ちゅうちょ)するというような製造業も多い。まずは無料ツールで利用してみて、電気制御設計CAD自体が自社の設計業務に合うかどうかを確かめるような使い方ができる」と述べている。

無償の設計ツールを次々とリリース

 アールエスコンポ―ネンツは、もともと電子部品などの通信販売を展開していたが、製造業の作業工程全域をサポートすることを目指し、無償CADツールの投入を開始。2013年9月には、無償3次元(3D)CADツール「DesignSpark Mechanical」の展開なども開始している。今回投入する「DesignSpark Electrical」は、フランスのTrace Software Internationalが展開する電気制御設計CAD「elecworks」の主要エンジンを利用しているという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.