ニュース
» 2015年09月08日 09時00分 UPDATE

製造ITニュース:3Dプリンタで製造を行う工場向けの基幹業務クラウドサービス

カブクは、3Dプリンタで製造を行う工場向け基幹業務クラウドサービス「Rinkak 3D Printing Manufacturing Management Service」を公式にリリースした。システム初期導入・ライセンスコストを3年間合計で約5分の1に低減できるという。

[MONOist]

 カブクは2015年8月26日、3Dプリンタで製造を行う工場向け基幹業務クラウドサービス「Rinkak 3D Printing Manufacturing Management Service」を公式にリリースした。製造受託に必要な業務機能をクラウドサービスとして提供するため、システム初期導入・ライセンスコストを3年間合計で約1/5に低減できるという。

 同サービスは、3Dプリンタで製造を行う工場に必要な業務機能をワンストップで提供する。これにより、顧客管理や製造管理、会計管理などの3Dプリンタによる製造業務に関わる情報を、運用コストをかけずに一元管理できる。事前に設定した単価情報に基づき、自動での見積もりも可能で、見積もりにかかる時間を95%削減できるという。

 また、3Dデータの出力可否を自動で確認する機能に加え、3Dデータの修正機能、ラッピング機能など、高価な機能をクラウドで提供。さらに、クラウド型のシンプルなUIの製造管理機能や請求書/納品書の自動作成機能などにより、業務を効率化し、生産性を向上できる。

 同社では、2015年5月からクローズドβとして提供してきたが、世界17カ国以上の約100社の工場からフィードバックを得て、機能追加・改良を実施。今回、公式にリリースした。

 月額の利用料金は、トライアル利用などの「スターター」が0円、法人工場の業務利用向けの「プロフェッショナル」が1アカウントあたり3万円、複数拠点を持つ大規模工場向けの「エンタープライズ」が1アカウントあたり10万円となる。

photo 
photo 受注時画面サンプル

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.