特集
» 2015年09月08日 10時00分 UPDATE

技術者教育事例:「体得する」のが一番! おもちゃのクルマで実験して学ぶCAE技術 (3/3)

[與座ひかる,MONOist]
前のページへ 1|2|3       

CAEを「体得」することの重要さ

 モデルを使った実験で得られた効果として、藤原氏は「CAEソフトの使用方法の習得できる他、実測と解析の合わせ込みを体験することで、工夫すれば精度が上がることを体得できる」と説明した。同氏のもくろみ通り、体得することによって解析結果に自信が持てるようになり、解析が実務で利用可能になったという。

 副次的に得られた効果として、「指導」という名目で藤原氏自身の学びの場になっている他、上司・経営層へのCAE認知度が高まったことも挙げた。「認知度向上のおかげで、『ANSYS HPC』のライセンス増設も通った」(藤原氏)と、若手教育の活動を通じて得られるものは多いと述べた。

 藤原氏は最後に「後進育成は責務。これからも若い人材が意欲的にCAEに取り組めるよう手を尽くしたい」と話し、ANSYSのライセンス増強なども進めていくと、CAE教育と社内のCAE普及に対する意気込みを語った。

前のページへ 1|2|3       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.