ニュース
» 2015年09月08日 07時00分 UPDATE

FA メルマガ 編集後記:試される“意志ある踊り場”の真価

新型プリウスに注目です。

[陰山遼将,MONOist]
tt140702kobore_icon120.jpg

 この記事は、2015年9月4日発行の「FA メールマガジン」に掲載されたMONOist/EE Times Japan/EDN Japanの編集担当者による編集後記の転載です。


 トヨタが1997年に世界初の量産型ハイブリッド専用車として発表した「プリウス」ですが、今回発表される新型モデルでついに4代目に突入。JC08モード燃費は40km/l(リットル)を超えるともいわれています。自動車メーカー同士の“燃費競争”が加熱する中、ハイブリッド車で先行してきたトヨタが、同社のエコカー群の“顔”ともいえるプリウスをどんなクルマとして発表するのか、注目です。

 しかしこの新型プリウスですが、注目の理由は燃費性能だけではありません。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.