ニュース
» 2015年09月08日 18時34分 UPDATE

画像処理技術:絵画の「質感」を数値化してプリント、キヤノンが開発

キヤノンが“物体の見た目から感じられる質感”をプリンタで再現する「質感画像処理技術」を開発した。金属や油絵などの質感も再現する。

[渡邊宏,MONOist]

 キヤノンは2015年9月8日、“物体の見た目から感じられる質感”をデジタルカメラで撮影し、プリントで再現する「質感画像処理技術」を開発したと発表した。

 開発された質感画像処理技術は、デジタルカメラを複数台用いて対象物を撮影し、微細な凹凸や光沢などの情報を数値化。数値化した情報をプリンタの特性に応じて制御し、オリジナルの質感を再現するというもの。

photo 質感画像処理技術で金びょうぶをプリントした例。向かって右がプリント、右が本物の金箔(きんぱく)
質感画像処理技術で油彩画をプリントした例 質感画像処理技術で油彩画をプリントした例

 この技術を用いることで色(色彩)のみならず、布地や金属などを見た際に感じる質感もプリンタからの出力で表現可能となるため、貴重な絵画や文化財の触れられるレプリカ”などを作成することもできる。

 今回は技術開発発表であり商用化は未定としているが、同社では壁紙やインテリア素材、広告看板、商品パッケージなどのへの適用を目指し、技術開発を継続していくとしている。

関連キーワード

画像処理 | キヤノン | プリンタ | 技術開発


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.