ニュース
» 2015年09月09日 11時00分 UPDATE

フランクフルトモーターショー2015:ホンダが二輪車のような四輪コンセプトカーを披露、F1第1期マシンがモチーフ

ホンダは、「フランクフルトモーターショー2015」において、1960年代のF1レース参戦車両をモチーフにしたコンセプトカー「Honda Project 2&4 powered by RC213V(ホンダプロジェクト2&4)」を公開すると発表した。「二輪車の開放感と四輪車の運動性能を兼ね備えている」(同社)という。

[朴尚洙,MONOist]

 ホンダは2015年9月9日、「フランクフルトモーターショー2015」(一般公開日:9月17〜27日)において、1960年代のF1第1期レース参戦車両をモチーフにしたコンセプトカー「Honda Project 2&4 powered by RC213V(以下、ホンダプロジェクト2&4)」を公開すると発表した。

 ホンダプロジェクト2&4は、ホンダが世界各地に展開している二輪車/四輪車のデザインスタジオから80人以上のデザイナーが参加して行われた社内コンペ「グローバルデザインプロジェクト」で選ばれたコンセプトモデルである。


sp_150909honda_01.jpgsp_150909honda_02.jpg 「ホンダプロジェクト2&4」(左)とモチーフになったホンダのF1参戦第1期のレースカー「RA271」(右)(クリックで拡大) 出典:ホンダ
sp_150909honda_03.jpgsp_150909honda_04.jpg 「ホンダプロジェクト2&4」のサイドビュー(クリックで拡大) 出典:ホンダ
sp_150909honda_05.jpgsp_150909honda_06.jpg 「ホンダプロジェクト2&4」のリヤビュー(クリックで拡大) 出典:ホンダ

 ホンダのF1参戦第1期(1964〜1968年)のレースカー「RA271」などをモチーフにしており、ミッドシップエンジンレイアウトを持つ四輪車でありながら、二輪車のようなフレームとボディーカウルによって構成されるボディー構造、むき出しのフローティングシートにより全身でオープンエアーを体感できる運転席など、二輪車の開放感と四輪車の運動性能を兼ね備えている。

 エンジンは、二輪車レースの最高峰MotoGPのMotoGPクラスに参戦している競技専用車「RC213V」の公道仕様車「RC213V-S」に搭載されている排気量999ccV型4気筒エンジンを採用した。エンジン回転数1万3000rpmで最高出力158kW(215ps)を発揮する二輪車ならではの高回転エンジンに、専用開発の6速DCT(デュアルクラッチトランスミッション)を組み合わせている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.