ニュース
» 2015年09月09日 17時00分 UPDATE

FAニュース:インダストリー4.0とインダストリアルインターネットの“共演”が実現か

ドイツのハノーバーで開催される世界最大の産業見本市である「ハノーバーメッセ」。ドイツ連邦政府が進める「インダストリー4.0」の進捗の場としても注目を集めるハノーバーメッセだが、2016年はパートナーカントリーに米国を迎える。

[三島一孝,MONOist]

 日本能率協会は2015年9月9日、ドイツのドイツメッセがハノーバーで開催している「ハノーバーメッセ」についての記者会見を開催した。日本能率協会は2015年4月からドイツメッセの日本におけるセールスパートナーとなり、ハノーバーメッセへの日本企業の出展や来場に向けた活動を展開している。

 ハノーバーメッセは、世界最大規模の産業機器の見本市だ。産業オートメーションやスマートグリッドなどのエネルギー関連機器などが出展の中心で約100カ国・地域から5000社以上が出展し、製造業やエネルギー産業などから20万人が来場する。会期中の商談件数は550万件にのぼるという。

インダストリー4.0のホットスポット

 ハノーバーメッセが大きな注目を集めているのが、ドイツ連邦政府が推進するモノづくり革新プロジェクト「インダストリー4.0※1)」の進捗確認の場となっているためだ。自律した工場・製造業を目指すインダストリー4.0は、2011年のハノーバーメッセで、コンセプトが発表された。その後、ハノーバーメッセではインダストリー4.0に関する研究・開発の成果が多くの企業や団体から発表される場となり、ドイツ首相のアンゲラ・メルケル(Angela Merkel)氏が毎年視察に訪れている(ハノーバーメッセ特集)。

※1)関連記事:ドイツが描く第4次産業革命「インダストリー4.0」とは?

photo ドイツメッセでハノーバーメッセ担当上級副社長を務めるマルク・ジーマリング氏

 2016年のハノーバーメッセは4月25日〜29日開催。メインテーマを「Integrated Industiry(産業システムの統合化)」と置き、インダストリー4.0の進捗状況などを紹介するとともに、スマートグリッドなどエネルギー産業の新たなバリューチェーンなどにもついても出展が集まる計画だ。ドイツメッセでハノーバーメッセ担当上級副社長を務めるマルク・ジーマリング(Marc Siemering)氏は「ハノーバーメッセはインダストリー4.0に関するホットスポットの1つだといえる。2016年も100以上の応用例が出展される見込みだ」と述べている。

 またハノーバーメッセでは毎年、パートナーカントリーを決め積極的に同国企業の出展や経済交流などを図るが、2016年のパートナーカントリーは米国となる。ドイツのインダストリー4.0と同じく米国でもさまざまな製造業革新の取り組みが進んでおり、そのうちの1つである「インダストリアルインターネットコンソーシアム(IIC)」は、参加企業を大きく増やしつつある。「既に2016年はIICを招き、ドイツ側との討論会やセミナーを開催する計画だ。また関連する出展企業も多くなる」とジーマリング氏は語っている。

photo ハノーバーメッセ2015のオープニングセレモニーの様子。ドイツ・メルケル首相(左)と2015年のパートナーカントリーだったインドのモディ首相(右) ※出典:ドイツメッセ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.