ニュース
» 2015年09月09日 18時00分 UPDATE

3Dプリンタニュース:立体のデザインパターンを布に直接3Dプリントする技術

米3D Systemsは、3Dモデリングされた形状およびデザインパターンを布の上に直接印刷する服飾デザイン向けの新たな3Dプリンタの活用を提案する「Fabricate」を発表した。

[八木沢篤,MONOist]

 米3D Systemsは2015年9月8日(米国時間)、3Dモデリングされた形状およびデザインパターンを布の上に直接印刷する服飾デザイン向けの新たな3Dプリンタの活用を提案する「Fabricate」について発表した。

 Fabricateは、ファッションデザイナーをはじめとする服飾デザインの専門家と家庭ユーザー向けに提供され、さまざまな3D形状やパターンから任意のデザインを選択し、同社主力のパーソナル3Dプリンタ「Cube」で造形。出力されたデザインパターンを衣類などに縫い付けることで、3Dプリンティングとファッションが融合した「3D Tech-Style」を実現できる。


3D Tech-Style 3D Tech-Styleのイメージ(出典:3D Systems) ※画像クリックで拡大表示
出力イメージ着用イメージ 3Dプリンティングとファッションが融合した「3D Tech-Style」を実現できる(出典:3D Systems) ※画像クリックで拡大表示

 デザインパターンをCubeで出力する際は、まず造形テーブルにのりを付け、下地となる層を造形する。次に、造形された層の周辺に再度のりを付けてその上に専用の布を敷きプリントを再開する。こうすることで3Dプリントされた造形物と布が一体化される。後は布の部分を任意にカットして、シャツやズボンなどに縫い付ける。

 今後、同社は新しいデザインパターンや形状をリリースしていくだけでなく、ファッションデザイナーとのコラボレーションなども発表する計画だという。

 なお、同社はFabricateの展開に併せて、CubeとFabricate用のフィラメント、布、のりなどがセットになったスターターパック「Fabricate Cube Starter Pack」(1199米ドル)と、Cubeが付属しないデザインパック「Fabricate Designs Pack」(149米ドル)の2種類を用意する。

Fabricateパック 「Fabricate」パック2種を展開(出典:3D Systems) ※画像クリックで拡大表示

ほしい3Dデータ、お気に入りのクリエータがきっと見つかる!!

3Dデータの閲覧やダウンロード、クリエータとの交流が全て無料で楽しめる! 3Dデータ共有コミュニティー「3Dモデラボ

3Dモデラボ

≫↑↑↑ 3Dデータはコチラ ↑↑↑≪


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.