ニュース
» 2015年09月10日 17時30分 UPDATE

対話エンジン:“手の届く人工知能”コールセンターやスマホアプリに

アドバンスト・メディアが“手の届く人工知能”をうたう、人工知能活用の音声対話システム「AmiAgent」を発売する。マートフォンアプリや自動応答電話サービス、ロボット、カーナビゲーションシステムなどの用途への導入を狙う。

[渡邊宏,MONOist]

 アドバンスト・メディアは2015年9月10日、“手の届く人工知能”をうたう人工知能を活用した音声対話システム「AmiAgent」を同年10月1日より販売開始すると発表した。初期費用は200万円で、別途月額利用料が発生する。

 同社音声認識エンジン「AmiVoice」と対話エンジン「AOI」を軸に、音声合成エンジンや外部対話システム接続用インタフェース、シンボルキャラクターなどを組み合わせた統合型ソリューションで、スマートフォンアプリや自動応答電話サービス、ロボット、カーナビゲーションシステムなどの用途への導入を狙う。

 キャラクター設定の有無や音声認識/音声合成/APIの個別提供、入力方法(音声/テキストデータ)の選択などシステムとしての柔軟性が高く、さまざまなデバイスとプラットフォームに対応するため、スマートフォンアプリに実装しての販促活動や、コールセンターに導入してのオペレーター負担軽減、ロボットに搭載しての見守りサービスなどが想定される。

音声認識と対話エンジンを軸に、AIサービスを提供する 音声認識と対話エンジンを軸に、AIサービスを提供する
音声での質問に対してタッチパネル利用の回答を行うといった利用も可能 音声での質問に対してタッチパネル利用の回答を行うといった利用も可能

 既にトランスコスモスが「ハイブリッド多言語コンタクトセンターサービス」に導入しており、利用者からの問い合わせに対してAmiAgentが音声にて一次対応し、AmiAgentで対応しきれない内容については有人のコールセンターへ案内する業務フローを完成させている。また、金融機関での実証実験も開始されており、こちらは2016年の本稼働を予定しているという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.