ニュース
» 2015年09月11日 09時00分 UPDATE

製造IT導入事例:航空機開発プログラム向けに、3Dエクスペリエンス・プラットフォームを採用

ダッソー・システムズは、イスパノ・スイザが、設計およびエンジニアリング・プログラムの効率化に向け、同社の3Dエクスペリエンス・プラットフォームを採用したと発表した。

[MONOist]

 ダッソー・システムズは2015年6月18日、イスパノ・スイザが、設計およびエンジニアリング・プログラムの効率化に向け、同社の3Dエクスペリエンス・プラットフォームを採用したと発表した。

 イスパノ・スイザは、ヘリコプター市場の動力トランスミッションシステムで世界的な実績を持つ。これまで、データ管理に複数のツールを使用してきたが、これを改善し、航空機開発プログラムをより効率的に進めることを目指しているという。

 今回、イスパノ・スイザは、ダッソー・システムズの3Dエクスペリエンス・プラットフォームに基づくインダストリー・ソリューション・エクスペリエンス「コデザイン・トゥー・ターゲット」を採用。全社横断型のオープンなデジタル環境を導入したことで、機械式動力トランスミッションシステムの設計、エンジニアリング、製造プログラムの各分野を横断し、データが授受できるセキュアな一元管理が可能になるという。

 また、部門間・企業間で単一プラットフォームへ転換できるコデザイン・トゥー・ターゲットは、子会社やパートナー会社の各部門まで連携が可能で、あらゆるデータとプロセスの統合デジタル・バックボーンとして活用できる。さらに、ユーザーが最新製品や部品データにリアルタイムにアクセスできる他、トレーサビリティを確保しているため、データの品質維持やエラー抑制にも寄与するとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.