ニュース
» 2015年09月11日 14時00分 UPDATE

知財ニュース:ダイキンが新冷媒の特許を無償開放、HFC-32採用空調機器の市場拡大へ

ダイキン工業は、新冷媒として注目されている「HFC-32を用いた空調機」に関する特許を無償開放する。新冷媒採用空調機器の市場拡大を促す。

[三島一孝,MONOist]

 ダイキン工業は2015年9月10日、「HFC-32単独冷媒を用いた空調機の製造や販売に関する延べ93件の特許」を全世界に無償公開すると発表した。

 冷媒技術はフロン類を中心に使用されてきたが、環境への影響からさまざまな規制が起こってはそれをクリアする冷媒を開発するという歴史を繰り返している。従来は冷媒として、CFC(クロロフルオロカーボン)が使われてきたがオゾン層の破壊による影響度の高さから、CFCよりはオゾン層への影響が少ないHCFC(ハイドロクロロフルオロカーボン)なども含めて、1990年代に国際的な規制が進められた。CFCについては先進国で1996年、新興国では2010年にそれぞれ、全廃と規定されており、全世界での全廃が既に完了している。またHCFCについては先進国で2020年、新興国で2030年までに廃止することが計画され、徐々に使用比率を下げてきているところだ。

 これらの取り組みにより、新しい冷媒としてオゾン層破壊効果のないHFC(ハイドロフルオロカーボン)が「代替フロン」として利用されるようになった。しかし、代替フロンであるHFCは、二酸化炭素の数百から数千倍の温室効果を持ち、大気中に排出されると地球温暖化を推し進める要因となり得る。地球温暖化に向けた国際的な対策では1997年に京都議定書が採択され、代替フロンはこの中で地球温暖化への影響度が高い6ガスの中に含まれた。そのため、HFCについても大気中への放出を抑える必要性が高まってきた※)

※)関連記事:工場の「フロン」管理できていますか? フロン排出抑制法開始

 そこで現在、「オゾン層を破壊しない」ことと「温室効果が低い」という両方を満たす冷媒の開発が大きな注目を集めることになった。ただ、現在開発されている新冷媒は、それぞれ長所や短所を持つため、1つの候補に絞られていない状況だ。そのため、新冷媒による空調機器開発の障壁になっていた状況だった。

 ダイキン工業が推進する「HFC-32」はこうした新冷媒の1つで、オゾン層を破壊せず、エネルギー効率が高く、安価で、容易に再生が可能だという特徴を持つ。また、一般的に使用されているR-410A冷媒に比べて、地球温暖化係数(GWP)が3分の1で「空調機による環境影響を軽減したバランスのとれた次世代冷媒である」(ダイキン工業)としている。

photo 現状使用されているフロン類と新たに期待される冷媒素材のGWP(地球温暖化係数)推移(クリックで拡大)※出典:経済産業省

 ダイキン工業では既に2011年に、オゾン層を破壊する冷媒の段階的な廃止に向けた取り組みを加速するため、新興国において今回の特許を無償開放している。同時に、先進国においても一定の条件(「相互権利不行使契約」の締結)で金銭の支払いが無くても利用できるようにし、より環境影響の少ないHFC-32への転換を支援していた。今回、これらの特許を全世界で無償開放することで、HFC-32空調機の普及をさらに後押ししていくという。

 ダイキン工業では、今後も増加が予想されるR-410Aを全てHFC-32へ置き換えれば、転換しなかった場合と比較して、2030年におけるHFCによる温暖化影響をCO2換算値で最大24%削減できると試算している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.