ニュース
» 2015年09月11日 15時00分 UPDATE

ベンチャーニュース:自動車、農業、メンタルヘルスもIoTで、日本IBMがベンチャー5社を支援

日本IBMは同社が2014年9月から展開している国内スタートアップ企業の支援プログラム「IBM BlueHub(ブルーハブ)」で、第2期プログラムにて支援する企業を発表。IoT(モノのインターネット)に関連する事業に取り組む5社が選定された。

[陰山遼将,MONOist]

 日本IBMは2015年9月11日、同社が展開している国内スタートアップ企業の支援を目的としたインキュベーション・プログラム「IBM BlueHub(ブルーハブ)」において、第2期プログラムで支援を行う企業を発表した。

 IBM BlueHubは日本IBMがパートナー企業とともに2014年9月から開始しているプログラムで、日本の長期的な成長と競争力に貢献するスタートアップ企業の事業化を支援している。第1期はビッグデータをテーマに5社を選定していた。今回の第2期ではIoT(モノのインターネット)をテーマにしており、エントリーした51社の中から以下の5社が選ばれている(カッコ内は事業領域)。

  • TRi-Meal(オートモーティブとIoT)
  • Residence(VISA代行申請とアナリティクス)
  • テクニコル(メンタルヘルスとIoT)
  • Fictbox(仮想現実とビッグデータ)
  • 笑農和(農業とIoT)

 日本IBMは、2016年上半期に第2期支援企業の取り組みの詳細を発表するとしている。また同社は2015年9月10日に、IBM BlueHubに協力するパートナー企業として、IMJ Investment Partners、トーマツ ベンチャーサポート、スカイランドベンチャーズの3社が新たに加わることも発表。既にパートナー企業となっているサムライインキュベート、ツクルバ、サイバーエージェント・クラウドファンディングとともに。6社の協力体制でプログラムを推進するとしている。

関連キーワード

IoT | IBM | ベンチャー | スタートアップ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.