ニュース
» 2015年09月14日 11時00分 UPDATE

初心者も歓迎:「SOLIDWORKS」など高機能ツールが使えるFabスペースが横浜市にオープン

3次元CAD「SOLIDWORKS 2015」や3Dスキャナ「Artec Spider」など高機能ツールが利用できるFabスペースが神奈川県横浜市にオープンした。

[與座ひかる,MONOist]

 3次元CADや3Dプリンタ、3Dスキャナを備えるFabスペース「SYQ LABORATORY」が2015年7月、神奈川県横浜市にオープンした。運営を行うのは自動車部品の設計などをてがけるシーク。3次元CAD「SOLIDWORKS 2015」や3Dスキャナ「Artec Spider」など高価なソフト・機材が使用でき、サポートスタッフも常駐している。会員制で利用価格は月額1万円(税込)としているが、相談次第で単発での利用も可能だという。

 その他、使用できる設備は3次元CADの「Zbrush」「Shade 3D」、レンダリングソフトの「Key Shot」、3Dスキャナの「SENSE」「iSense」、3Dプリンタの「Maker Bot Replicator 5th Generation」「Form1」など。シーク代表取締役の征矢直人氏は「当初は会社の研究施設として考えていたが、メーカーズブームの勢いを受け、誰でも高機能なツールを使えるスペースを開設したいと思った」ときっかけを語る。

「SYQ LABORATORY」施設内の様子 「SYQ LABORATORY」施設内の様子

 現在、初心者からプロまで幅広い層をターゲットに運営を進めており、「はじめての3Dスキャナー」「はじめての3Dモデリング(SOLIDWORKS版)」などのワークショップも定期開催している。営業日は土日祝日の10〜18時とし、1日の利用上限は2時間まで。説明会やイベント情報などは同スペースのFacebookページで確認することができる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.