ニュース
» 2015年09月14日 14時00分 UPDATE

IoTセキュリティ:低リソースでPCなみのセキュリティをIoTデバイスで実現

パナソニックが低リソース環境のIoT/M2MデバイスでPCなみのセキュリティを実現する暗号・認証モジュールを開発した。証明書の鍵生成なども行え、同時にシマンテックらとの協業でセキュリティ対策基盤も用意する。

[渡邊宏,MONOist]

 パナソニックは2015年9月14日、低リソース環境のIoT/M2MデバイスでPCなみのセキュリティを実現する暗号・認証モジュールを開発したと発表した。

 パナソニック AVCネットワークス社が開発したもので、既に決済端末などでの利用実績を持つ同社の暗号実装技術を組み入れることで、処理負荷の高い証明書の鍵生成もCUPやメモリなどのリソースに限りがあるIoT/M2Mデバイス内部で行える。

 同時にセキュリティ対策基盤の構築も行い、端末証明書発行やサイバー攻撃検知/分析、リモートメンテナンスなどを2015年10月より順次提供する。自社開発のモジュール提供とあわせ、製品への実装コンサルから保守運用まで、IoT/M2Mデバイスのセキュリティをトータルで提供する狙いだ。

 端末証明書発行はシマンテックと、攻撃検知/分析についてはシマンテックおよびセキュリティベンダー各社と協業しての展開を予定しており、まずはIP-PBXや監視カメラから実装し、将来的には自動車やエネルギー、医療関係機器への展開を図るとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.