ニュース
» 2015年09月15日 07時00分 UPDATE

FAニュース:Intel Quark SoC x1000搭載のIoTゲートウェイを発売

アドバンテックは、Intel Quark SoC x1000を搭載した、IoTゲートウェイ「UBC-221」を発売した。オンボードMiniPCIeを搭載したことで、Wi-Fi、3G/4G、Bluetooth、ZigBeeなどのワイヤレス接続もサポートしている。

[MONOist]

 アドバンテックは2015年8月27日、Intel Quark SoC x1000を搭載した、IoTゲートウェイ「UBC-221」を発売した。駐車場、セキュリティ・監視の他、工業用制御などのIoT(モノのインターネット)や自動制御アプリケーションに対応するという。

 UBC-221は、Intel Quark SoC x1000 400MHzプロセッサを搭載し、コンパクトながらマルチ接続が可能なゲートウェイとなる。4線式UART、GPI、GPO、10/100イーサネット(1つはPoEをサポート)、USB、MiniPCIe、SD、12V DC入力に対応している。

 オンボードMiniPCIeを搭載したことで、Wi-Fi、3G/4G、Bluetooth、ZigBeeなどのワイヤレス接続もサポート。また、豊富なI/O設計により、センサーを接続し、ネットワークを介してクラウドサーバに生データを渡す通信ブリッジとして機能できる。

 UBC-221はファンレスのため、最大消費電力2.8Wと低消費電力を可能にした。VESA、DINレール、ウォールマウントに対応し、容易に複数台のIoTゲートウェイデバイスを展開できる。

 さらに、Intel Quarkは、開発者がWebサーバを構築するためのWebサーバパッケージもサポートしている。これにより、ユーザーはWebブラウザを経由して、リモートでUBC-221へアクセスできる。

 価格はオープン。同社では、開発者がUBC-221向けのカスタムソフトウェアの製作や、リリース前のアプリケーションの評価・テストができるよう、Yocto Linuxボードサポートパッケージ(BSP)やプリパッケージされたイメージも提供するとしている。

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

IoT | アプリケーション | FAニュース | Wi-Fi | ZigBee


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.