ニュース
» 2015年09月15日 16時00分 UPDATE

しせゲー:体のゆがみを改善するベルト型デバイス

Sassor(サッソー)がバックル部分に埋め込まれたセンサーから体のゆがみを測定、同社の持つデータ分析エンジンで解析することで、体のゆがみを改善するベルト型デバイス「TANZEN(タンゼン)」を開発した。

[渡邊宏,MONOist]

 Sassor(サッソー)は2015年9月15日、体のゆがみを改善するベルト型デバイス「TANZEN(タンゼン)」を開発したと発表した。一般販売は未定だが、デバイスから得られるデータに興味のある企業との提携を模索している。

 TANZENはバックル部分に埋め込まれたセンサーから体のゆがみを測定、同社の持つデータ分析エンジンで解析することで、ゆがみを可視化する「ゆがみチェッカー」、ゆがみのある状態が続くと注意してくれる「ゆがみアラート」、遊びの要素を取り入れながら体幹を鍛える「しせゲー」と3つの機能を提供する。

体のゆがみを改善するベルト型デバイス「TANZEN(タンゼン)」体のゆがみを改善するベルト型デバイス「TANZEN(タンゼン)」 体のゆがみを改善するベルト型デバイス「TANZEN(タンゼン)」

関連キーワード

IoT | ウェアラブル


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.