ニュース
» 2015年09月18日 12時00分 UPDATE

FA メルマガ 編集後記:「工場の爆発事故誘因」が“簡単なお仕事”になる時代に

“便利”と“不便”は表裏一体。工場IoTに迫る脅威にどう取り組む?

[三島一孝,MONOist]
tt140702kobore_icon120.jpg

 この記事は、2015年9月18日発行の「FA メールマガジン」に掲載されたMONOist/EE Times Japan/EDN Japanの編集担当者による編集後記の転載です。


「工場の爆発事故誘因」が“簡単なお仕事”になる時代に

 名古屋工業大学で開催された「制御系サイバーセキュリティ・ワークショップ」の取材に伺ってきました。

 電力プラントや化学プラントなどでは、機器の監視や制御などに制御系ネットワークシステムを活用しています。現在これらのシステムにもサイバー攻撃の危機が迫っています。今回のワークショップでは、プラントが実際にサイバー攻撃を受ける様子を示すデモなどとともに、参加者が実際にサイバー攻撃を受けたときにどう対応するかということを実際にグループで考えて対応する「サイバー演習」などを行いました。その様子を見て、あらためてサイバーセキュリティ対策は真剣に取り組まなければならない問題だと感じました。

 まず、驚かされたのが工場内システムへの侵入の容易さです※)

※)関連特集:制御システムセキュリティ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.