ニュース
» 2015年09月18日 13時00分 UPDATE

キャリアニュース:新卒の4割以上が会社選びに「後悔」、約5割が「リベンジ転職」希望

ビズリーチは、新卒で就職活動した人を対象に、就職活動や新卒入社の会社について調査を実施。4割以上が入社した会社について「後悔」しており、そのうち約5割は「リベンジ転職」を考えていることが明らかになった。

[MONOist]

 ビズリーチは2015年9月3日、新卒で就職活動した341名を対象に実施した就職活動や新卒入社の会社についてのアンケート調査結果を発表した。

 同調査では、まず「就職活動で企業を選ぶ際に重視したことは何でしたか?」と質問。53%が「やりたい仕事ができる」と回答した。

 一方で、「就職した企業について、入社の決め手となったのは何でしたか?」という質問に対しては、「最初に内定が出た企業だった」(43%)が最も多く、「やりたい仕事ができる」(36%)は2番目になっている。

 また、入社した会社については、「後悔している」(18%)、「どちらかといえば、後悔している」(23%)を合わせると、4割以上が「後悔」していると回答。さらに、そのうち45%は、「リベンジ転職」を視野に入れていることも明らかになった。

photo

 「後悔」している理由としては、「自分のやりたいことが明確に定まらないまま就職活動を進め、入社してしまった」(51%)、「業界や企業研究が十分でなく、入社後にギャップが生じた」(50%)、「最初に内定が出たという理由で入社してしまった」(37%)などの回答が上位を占めている。

 同調査では、「自分のやりたい仕事」ができず、悩んだり後悔している人が多い結果となったが、新卒で入社したかった企業や、携わりたかった職種・業種をあらためて目指したいという前向きな声も見られた。こうした結果を受けて同社では、「就職活動を後悔しないためには、情報を得ながら、自分のやりたいことやキャリアの軸をじっくりと考えることが大切」と分析している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.