ニュース
» 2015年09月25日 07時00分 UPDATE

FAニュース:1台で4軸のステッピングモータ駆動が可能な4軸一体型ドライバを開発

山洋電気は、クローズドループステッピングシステム「SANMOTION Model No.PB」のラインアップを拡充し、DC電源入力の4軸一体型ドライバ「PB4D003P340」を開発した。1台のドライバで、4軸のステッピングモータの駆動が可能となっている。

[MONOist]

 山洋電気は2015年9月8日、クローズドループステッピングシステム「SANMOTION Model No.PB」のラインアップを拡充し、DC電源入力の4軸一体型ドライバ「PB4D003P340」を開発したと発表した。半導体関連装置、食品関連機器、一般産業機械などの用途に向ける。

 PB4D003P340は、1台のドライバで4軸のステッピングモータの駆動が可能。入出力信号線が1台分になるため省配線で、同社従来製品のドライバ4台分と比較し、半分以下のスペースで設置できる。

 また、従来のクローズドループ制御に加え、位置指令に対する遅れがない制御モードを搭載。装置のタクトタイムを短縮した。位置指令の分解能は、200P/R〜5万1200P/Rの間で設定できるため、装置に必要とされる分解能に適した駆動が可能だという。

 入力電源は主回路電源がDC24/48V、制御電源がDC24Vで、適合モータサイズは28mm角/42mm角/60mm角。過負荷停止、電源電圧異常、回生電圧異常、過熱保護、過電流保護、エンコーダ断線、CPU異常などの保護機能も備えた。

 発売は2015年10月23日の予定で、価格はオープンとなっている。

photo

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.