ニュース
» 2015年09月28日 07時00分 UPDATE

FAニュース:ACサーボドライブシリーズにAC100V入力形を追加、半導体装置などに対応

安川電機は、ACサーボドライブ「Σ-7」シリーズに、電源電圧AC100V入力形を追加した。単相電源AC100Vでの駆動が求められる、半導体装置・医療機器・計測器・試験装置などでの用途に対応する。

[MONOist]

 安川電機は2015年9月8日、ACサーボドライブ「Σ-7(シグマ・セブン)」シリーズに、電源電圧AC100V入力形を追加したと発表した。

 Σ-7シリーズは、同社の「Σ-V(シグマ・ファイブ)」シリーズの後継機種として、2013年11月に発売されたACサーボドライブのシリーズとなる。今回、新たに電源電圧AC100V入力形を製品化したことで、単相電源AC100Vでの駆動が求められる半導体装置・医療機器・計測器・試験装置などへも用途が広がるという。

 既に2015年8月より販売を開始しており、価格はオープンとなっている。

photo Σ-7シリーズAC100V入力形
photo ラインアップ

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

電源 | 安川電機 | FAニュース | 医療


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.