ニュース
» 2015年09月28日 11時00分 UPDATE

自動運転技術:自動運転システム実現への課題は「膨大なデータのひも付け」 (1/3)

自動運転システムの開発を目指す「SIP-adus」は2015年9月17日、メディアミーティングを開き、進捗状況について解説した。2020年度までの目標に対して進捗はおおよそ10〜15%ほどで、「膨大なデータのひも付け」が今後の大きな課題となる。

[與座ひかる,MONOist]

 日本の経済・産業競争力を高めるべく、今後重要な10のプログラムに対して府省横断型の体制で取り組みを続ける「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)」。「次世代パワーエレクトロニクス」「次世代海洋資源調査技術」などのテーマが並ぶ中、近年話題となっている「自動走行(自動運転)システム」も1つのテーマとして採択されている。

 この自動運転システムのプログラムを主導する「SIP-adus」は2015年9月17日、東京都内で第5回目となるメディアミーティングを開き、あらためてプログラムの目標や進捗について解説した。

SIP-adusが取り組む研究開発領域SIP-adusが目指す目標とロードマップ SIP-adusが取り組む研究開発領域(左)。赤色の破線で囲まれた部分を各社で協力できる協調領域としており、SIP-adusと参加各社で取り組む。各社がそれぞれの商品力を高める部分になるのが青色の破線囲まれた競争領域になる。開発目標はさまざまだが、2020年度が1つの目安になっている(右)(クリックで拡大) 出典:SIP-adus

「ダイナミックマップ」実現に向けて

 自動運転システムの実現には、道路情報や天気データを含む高精細な“3次元”地図データの構築が不可欠とされている。SIP-adusではこのデータベースを「ダイナミックマップ」と定義し、平成26年度(2014年度)から試作検証を行ってきた。SIP-adusのサブ・プログラムディレクターを務めるトヨタ自動車 CSTO補佐 製品企画本部 安全技術企画 主査の葛巻清吾氏は「歩行者の情報から、道路工事情報まで、刻一刻と変化する膨大なデータの“ひも付け”をどう行い、取りまとめるかが非常に重要」と説明する。

「ダイナミックマップ」の構築イメージ 「ダイナミックマップ」の構築イメージ(クリックで拡大) 出典:SIP-adus

 平成26年度は、MMS(モバイルマッピングシステム)を搭載した車両を用い、お台場地区にて基盤となる地図情報の生成実験を行ったという。取得したデータは、道路形状や車線などの静的情報が主で、従来の2次元の地図データが3次元になっている程度だ。平成27年度(2015年度)は、この基盤データにより動的な情報をひも付けるべく、フォーマットを決定していくという。「自動車から送られてくる車両位置や車速などといったプローブ情報も、将来的にはひも付けねばならない。地図情報の更新頻度についても検討していく」(葛巻氏)。

平成26年度の取り組み平成27年度の取り組み 静的情報を中心に地図の試作を行った平成26年度の成果(左)。平成27年度は動的情報の付加に取り組む(右)(クリックで拡大) 出典:SIP-adus

 また、将来的にダイナミックマップは「国家基盤データ」として活用拡大に期待されている。「防災・減災や社会インフラ維持管理をテーマにしたSIPの他プロジェクトとの連携やパーソナルナビゲーションなど、自動運転のためだけではなくさまざまな領域の基盤データとして共用できるよう、準備を進める」(葛巻氏)。ダイナミックマップ作成には三菱電機、ゼンリン、パスコなどの日本企業が参加し、オールジャパンでの取り組みを進めている。

ダイナミックマップを用いた産業構造変革のイメージ ダイナミックマップを用いた産業構造変革のイメージ (クリックで拡大) 出典:SIP-adus
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.