ニュース
» 2015年09月28日 14時30分 UPDATE

量子鍵配送ネットワーク:暗号通信で“ドローン乗っ取り”を防ぐ、NICTら開発

NICT(国立研究開発法人情報通信研究機構)はプロドローンおよびサンエストレーディングと共同で、ドローンの安全な飛行制御通信を実現する技術を開発した。

[渡邊宏,MONOist]

 NICT(情報通信研究機構)は2015年9月28日、プロドローンおよびサンエストレーディングと共同で、ドローンの安全な飛行制御通信を実現する技術を開発したと発表した。本技術の詳細は第4回 量子暗号・量子通信国際会議(UQCC 2015)にて発表される。

 開発した技術では、規則性も再現性もない完全にランダムな数字の系列である真性乱数を共通の暗号鍵としてドローンと地上で共有し、制御通信をパケットごとに暗号化することで、飛行するドローンの通信の安全性を強化する。暗号化は真性乱数と制御信号パケットの足し算で行われるために計算量が少なく、安全性の高い制御通信を小型・安価なデバイスでも実現できる。

暗号鍵(真性乱数)の供給とワンタイムパッド暗号化による飛行制御(出展::NICT) 暗号鍵(真性乱数)の供給とワンタイムパッド暗号化による飛行制御(出展::NICT)

 この方法では地上局にも対となる鍵(真性乱数)が必要であり、異なるエリアを飛行させたい場合には地上局側に対となる鍵を配送する必要がある。単純な方法は鍵の発生器を人の手で運ぶことだが、複数の地上局を量子鍵配送ネットワークで結び、ドローンを広域でも安全に制御する仕組みの実証実験も行われた。

 NICTが管理する量子鍵配送ネットワーク「東京QKDネットワーク」にて暗号鍵をリレーして地上局の制御を引き継ぎ、異なる飛行制御エリア間でも、暗号化制御通信が引き継げることが実証された。NICTでは手渡しで鍵を運ぶ方式を第1世代、量子鍵配送ネットワークを利用する方法を第2世代として、第1世代の実用化を2年以内に商品化する予定としている。

photo NICTらが開発を進めているドローン広域セキュア制御通信システム(出展:NICT)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.