ニュース
» 2015年09月29日 07時00分 UPDATE

FAニュース:IoTに対応した対話型CNC装置を開発、工場経営を効率的に支援

ヤマザキマザックは、対話型CNC装置「MAZATROL SmoothG」「MAZATROL SmoothC」を開発した。IoTに対応し、工場経営を効率的に支援するという。

[MONOist]

 ヤマザキマザックは2015年9月3日、対話型CNC(コンピュータ数値制御)装置「MAZATROL SmoothG」「MAZATROL SmoothC」を開発したと発表した。2014年に発売された「MAZATROL SmoothX」に続く、第7世代の対話型CNC装置となる。

 今回発表されたMAZATROL SmoothGは、同時4軸制御までの複合加工機、立・横形マシニングセンタ、NC旋盤に搭載が可能。複合加工機・5軸加工機用のMAZATROL SmoothXと外観・性能は同一で、19インチのタッチパネルを採用した。

 MAZATROL SmoothCは、従来のCNC装置「MAZATROL SMART」の機能を大幅に向上させた。メカニカルキーボードによるデータ入力、厳選したメニューキー、プロセスホーム画面など、基本機能を絞り込んで小型化したことで、汎用タイプのNC旋盤やマシニングセンタに搭載できる。

 両製品とも、工場経営をサポートするアプリケーションセットを搭載している。工場内をネットワーク化し、オフィスのPCで設備の稼働状況・加工プログラム・工具・生産スケジュールなどの情報を一括管理・分析することで、リアルタイムに工場を管理できる。スマートフォンやタブレットなどから、設備の稼働状況を監視することも可能だ。

 さらに、ユーザーのシステムとの親和性を高めたソフトインタフェース(API)により、IoT(モノのインターネット)にも対応。工場経営を効率的に支援するという。

photo

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

IoT | 工場 | 対話型 | FAニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.