ニュース
» 2015年09月30日 07時00分 UPDATE

FAニュース:トルク変動を従来比30%低減した「高機能精密ボールねじ」を発売

日本精工は、ボールねじの運動制御性を大幅に向上させる、工作機械用高機能ボールねじの新技術を応用した「高機能精密ボールねじ」を発表した。トルクの安定化により、トルクのバラツキを30%低減できる。

[MONOist]

 日本精工は2015年9月7日、ボールねじの運動制御性を大幅に向上させる、工作機械用高機能ボールねじの新技術を応用した「高機能精密ボールねじ」を発表した。

 高機能精密ボールねじは、同社独自のボールねじ軸のねじ溝加工技術により、ボールねじナットの位置の違いによるトルクの安定化を達成している。これにより、トルクのバラツキを30%低減する他、位置の違いによる運動誤差を低減し、工作機械の加工面品位を向上できる。

 また、ボールねじのトルクが安定化することで、位置決め整定時間を短縮。半導体製造装置などの生産性向上にもつながるという。

 主に、工作機械、半導体製造装置、医療機器、測定機器など向けで、2015年10月から販売を開始。同社では、工作機械の高精度化や金型加工面の高品位化に伴う加工物の面品位向上、半導体製造装置の電子部品の小型化による単位時間当たりの加工能力向上などのニーズに対応するとしている。

photo

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.