ニュース
» 2015年10月01日 08時00分 UPDATE

金属加工体験記:「人に教えること」が大好きな町工場社長が作ったFabスペース「メタルDIY」 (1/3)

3Dプリンタで樹脂は操れるようになったので、次は金属加工もしてみたい! そんな初心者にぴったりの「メタルDIY」というFabスペースでキーホルダー作りを体験してきました。

[與座ひかる,MONOist]

 神奈川県横浜市に「メタルDIY」というFabスペースがあります。Fabスペースと言うと置いてある機材は3Dプリンタやレーザーカッターなどのイメージですが、メタルDIYは文字通り“金属加工”専門のFabスペース。しかも、金属切削の町工場である「関東精密」さんの2階ロフトで運営されているといいます。町工場の……2階で……? 全く想像がつかなかったので見に行ってみることにしました。

メタルDIYの入り口看板 メタルDIYの入り口看板(クリックで拡大)
こちらがメタルDIY内部!本当にロフトスペースにあります。と、いうことは下を見下ろすと…… こちらがメタルDIY内部!本当にロフトスペースにあります。と、いうことは下を見下ろすと……(クリックで拡大)
町工場(関東精密)が一望できるんです! 高まる! 町工場(関東精密)が一望できるんです! 高まる!(クリックで拡大)

 3Dプリンタの登場でモノづくりをする人が増えたとはいえ、金属加工を経験したことがある人はまだまだ少ないのではないでしょうか。私もその1人です。そんな人達に「金属のモノづくりはまた違った面白さがあるんですよ!!」と声を大にして伝え続けているのが、関東精密 代表取締役でメタルDIY主催の杉田勇さんです。

渋いたたずまいの杉田さん 渋いたたずまいの杉田さん

 杉田さんの得意技は「人に教えること」。町工場のおじさま方って皆さん寡黙なイメージですが果たして……! 今回はそんな杉田さんと一緒に、メタルDIYでオリジナルキーホルダー作りを体験してみることになりました。

目指す完成系はこちら! (MONOistって入れるぞ!) 目指す完成系はこちら! (MONOistって入れるぞ!)(クリックで拡大)
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.