ニュース
» 2015年10月01日 14時38分 UPDATE

IoT:エンジニア500人に「IoT」聞きました、変化の実感は「5年以内」

エンジニアの7割が、「IoTで生活が変わる」と考えており、一般生活者でもその変化は5年以内に現れると予想している――。リクルートテクノロジーズ調査のアンケートより。

[渡邊宏,MONOist]

 IoT(Internet of Things)を知っているエンジニアの7割が、「IoTで生活が変わる」と考えており、一般生活者でもその変化は5年以内に現れると予想している――。リクルートテクノロジーズがITエンジニア500人あまりを対象として行ったアンケートでは、IoTが日々の生活へ急速に近づいていくと予想する声が多く上がった。

 IoTそのもの自体への興味でいえば「知っている」「聞いたことがある気がする」と何らかの形で耳にしていると回答した人数が半数を超えており(「知っている」31%、「聞いたことがある気がする」22%)、一般消費者に比べて高い傾向にあることが伺える。

 そのIoTを知っていると回答した層へ、生活が変わるかどうかを尋ねたところ、71.2%が「変わっていく」と回答しており、「どちらともいえない」の15.7%、「変わっていかないと思う」の13.1%を大きく上回った。また、「変わっていく」と回答した層へ、「一般生活者が変化を実感するのは約何年後だと思いますか」と答えた設問では、5年後(45.7%)、10年後(22.2%)、3年後(13.9%)と予想されており、5年以内を合計すると68.7%となった。

 どのように変化するかとの問には、データ収集管理や予防保全の発達、遠隔操作などの「作業効率化」を挙げる意見が多く、変化するであろう産業については、「情報通信業」(37%)が1位で、次いで「農業・林業」(35.9%)、「医療・福祉」(24.5%)が挙げられた。

 アンケートはインターネットにて行われ、調査期間は2015年8月12日〜13日。20〜40代の男女ITエンジニアを対象に行われた。有効回答人数は528人。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.