ニュース
» 2015年10月02日 12時00分 UPDATE

FA メルマガ 編集後記:それは“標高何m”のインダストリー4.0?

高度と粒度で考えるIoT。

[三島一孝,MONOist]
tt140702kobore_icon120.jpg

 この記事は、2015年10月2日発行の「FA メールマガジン」に掲載されたMONOist/EE Times Japan/EDN Japanの編集担当者による編集後記の転載です。


それは“標高何m”のインダストリー4.0?

 先日、オムロンの滋賀県草津市にある工場を取材する機会を得ました。オムロンは自社工場を実践の場とし、さまざまなIoT(Internet of Things)の実証を進めています。インダストリー4.0などICTを活用した製造業革新の動きが広がる中、オムロンの考え方で「非常に明確だな」と感じたのが“標高何m”という考え方です

※)関連記事:オムロンの“標高10mのIoT”は製造現場を明るく照らすか

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.